art directer

アートディレクター

ソルトワークスのアートディレクターは、各サービスのブランドの顔となるビジュアル面での全責任を持つ存在です。お客様にどのような印象を持って欲しいか、何を伝えるか、そのためにどのような表現をするか、メッセージをビジュアルに落とし込む際の方針を決め、仕上がった制作物の細部まで目を光らせ、クリエイティブコントロールをします。

岬

INTERVIEW

SALT NAME
MISAKI
アートディレクター
札幌市立高等専門学校 視覚デザイン学科
札幌市立大学 メディアデザイン学科 卒
2017年 中途入社

私がこの会社を選んだ理由

前職はアートや映像関連を中心とした仕事をフリーランスで受けていました。ある時、知人の紹介で当時のソルトワークスの社員「若」と呑みの席で出会い、意気投合し英断。
受託の仕事では制作して納品までがゴールですが、自社サービスの場合は「これで終わり」というのはなく、常にアップデートしてサービスを育てていくというモノづくりの健全なあり方とプロセスを経験できるという点に最大の魅力を感じました。

ONE DAY
とある1日のスケジュールを聞いてみました
ONE SEASON
アートディレクターの1年の流れ

ちーたん

やりがいを感じる時

常にエンドユーザーの気持ちに立ってデザインすることを心がけているので、シンプルにお客様からの喜びの声が届いた時はこの仕事をしていて本当に良かったと感じます。またリーダーとしてチームメンバーが楽しそうに仕事をしている姿を見るとうれしいです。

この仕事のむずかしさ

自分が目指している方向へチームを導きつつも、メンバーが生き生きと健全に稼働するようにはどうしたら良いかを常に意識しています。頭の中のビジョンを他人に伝えるむずかしさを日々感じながら、アートディレクターとしてプロジェクトに対して誰よりも愛をもち、何が起きても平常心でドシッと構える。モチベーションをコントロールすることが大事かなと思います。

一覧へ戻る

好きな仲間とワクワクする仕事をしよう。

ENTRY採用情報をみる