CORPORATE PLANNING

運用サポート

カバーする職域が幅広く、社内の各部署間や関係会社との間でも橋渡し役としても重要な役割を果たしているのが運用サポート課です。業務の柱は主に二つあり、一つめは経営業務サポート。各種サービスの業績を分析したり、来期の売上予測を立てたりするために、市場調査のデータなどを用意します。二つめは、事業運用サポート。関係会社との調整や資材調達の担当窓口となり、各部署の業務も縦横無尽にヘルプします。それらのノウハウが特に生きるのは、さまざまな業務が複雑に絡み合う、新規サービスの立ち上げ。アプリ「グロースナップ」リリースで、多彩な才能を発揮したのがゾーイです。

ぞーい

INTERVIEW

SALT NAME
ゾーイZOE
運用サポート
高崎経済大学 地域政策部 卒
2015年 中途入社

私がこの会社を選んだ理由

前職はアパレルのネット販売を展開する大手企業で、商品の写真撮影などを担当していました。故郷である札幌に戻ろうと決め、仕事を探していたとき、ソルトワークスがウエディングムービーの制作スタッフを募集していたんです。写真やムービーに関わる仕事を続けたいと思っていたので入社を決意。私服で働けることや、会社の立地のよさもポイントでした。今は資材の発注やデータ入力など、入社当時とは違う仕事も多いですが、どんな仕事をするかより、誰と仕事をするかの方が重要だと感じています。愉快で、個性派揃いのみんなと一緒に楽しく働き続けたい。それが、私のモチベーションです。

INTERVIEW
とある1日のスケジュールを聞いてみました
INTERVIEW
運用サポートの1年の流れ

ぞーい

やりがいを感じる時

社内の人たちに「助かったよ、ありがとう」と言ってもらえたり、先輩に「成長したね」と言ってもらえたりすると、この仕事をやっていてよかったと心から思えます。また、運用サポート課は私以外全員が、育児のため時短勤務。それにもかかわらず、私はいつも助けてもらってばかりのような気がします。ですから、その恩を返していけたらと思っています。

この仕事のむずかしさ

思い出の写真をアーカイブできるアプリ「グロースナップ」立ち上げのときは、売上予測やサービス内容の設計、事業パートナーであるスタジオアリスさんとの調整、アルバムやパッケージの資材選びなど多彩な業務に携わりました。とくに、提案やプレゼンで自分の意図を端的にわかりやすく伝えることのむずかしさを実感。今後もっと力をつけたいです。

一覧へ戻る

好きな仲間とワクワクする仕事をしよう。

ENTRY採用情報をみる