UI DESIGNER

UIデザイナー

ソルトワークスのUIデザイナーは、「グロースナップ」「年賀家族」といった自社サービスのWEBサイトやアプリに対して、サイト内を見て回る道順、すなわち導線を考えるのが仕事です。お客さまがどこでサイトを知り、なにを見て、どんな気分になれば購買まで結びつけられるか、ユーザーの行動を考えることはもちろんですが、購買後もどうフォローするか、例えば購入してくれたユーザーにアンケートを取るのも業務の一つです。新卒1期生として入社したわには、子供の成長記録アプリ「グロースナップ」のUI設計に携わるデザイナー。笑顔の裏でたくさんの努力を重ね、周囲も驚くスピードで急成長し続ける若手ホープです。

くしどり

INTERVIEW

SALT NAME
わにWANI
UIデザイナー
公立はこだて未来大学大学院 システム情報科学研究科 卒
2019年 新卒入社

私がこの会社を選んだ理由

大学で情報デザインについて学んでいたこともあり、卒業後は北海道でデザイナーとして働きたいという思いがありました。学生時代に函館市の観光マップや市電の一日乗車券を作成したように、「じつはこれを作ったのは私です!」みたいな、裏方で活動することが好きだった私にとって、“想い出で人を喜ばせる”ソルトの仕事はとても魅力的でした。会社説明会に参加し、オープンで温かい雰囲気も気に入って迷わず応募!入社してみて、人の優しさは日々実感しています。困ったときに声をあげやすい空気があるし、一緒に悩んでくれる先輩や同僚がいて本当にありがたいです。

ONE DAY
とある1日のスケジュールを聞いてみました
ONE SEASON
UIデザイナーの1年の流れ

わに

やりがいを感じる時

担当したアプリのUIについて「お客さまからの問い合わせがほとんどなかった」という報告を受けたときは嬉しいですね。デザインするうえで、ユーザー目線はとても重要です。だからこそ、自分自身の経験を大切にし、いろんなアプリを実際に使い、そのときの感情や体験からヒントを得たりしています。作る側としては盛り込みたい要素だけどユーザーから見ると理解しにくい、ごちゃごちゃになってしまう、などを整理してうまく表現できたときは、大きな達成感があります。

この仕事のむずかしさ

色んな場面を想定する必要があることです。グロースナップでいえばインストールしたてで作品がないとき、成長記録の対象となるお子様が双子の場合、などあらゆる状況や可能性を考慮してデザインする必要があります。まだまだ自分一人の想像力だけでは及ばないことがありますが、そんなときにエンジニアの方々の意見や実際のユーザーの声はとても参考になります。新規サービスのUI設計となるとさらに難しいだろうなとは思いますが、ゆくゆくはそういった新規事業のUIデザインにも挑戦してみたいです。

一覧へ戻る

好きな仲間とワクワクする仕事をしよう。

ENTRY採用情報をみる