GRAPHIC DESIGNER

グラフィックデザイナー

ソルトワークスのグラフィックデザイナーは、自社サービスで扱う商品や販促物・広告などのデザイン制作から、商品データの管理、注文後の写真補正やデザイン調整まで幅広く担い、社内でも最も人数が多い職種。どんな商品があればよりよいサービスになるのか、デザインを通してユーザーにどんな価値を提供できるか…ポストカードのデザインはほんの一部、彼らは“コンテンツデザイン”にこだわり日々業務を行っています。6階オフィス(ソルトパーク)内の壁画イラストも手掛けたマイナーは、デザインベースの企画やコンセプトも得意とする、マルチな力を持つデザイナーです。

まいなー

INTERVIEW

SALT NAME
マイナーMINOR
グラフィックデザイナー
札幌デザイナー学院 CGデザインコース 卒
2013年 中途入社

私がこの会社を選んだ理由

札幌の専門学校卒業後は、地元の旭川でグラフィックデザイナーをしていました。でも、札幌に戻りたいと思って、いろいろ情報を集めた中から見つけ出したのがソルトワークス。自社のホームページからにじみ出る、普通じゃない佇まいが気になって…。書いてあることも、「他とはちょっと違う、うちはうち」的なニュアンスに感じられたというか、独特の考えが確立されているところがいいと思いました。実は自分、1回受けて落ちてるんですよね。それがちょっと悔しかったんで、少し間をあけて再度受け直したら、今度は合格。そんなこともあるので、トライは大事です。

ONE DAY
とある1日のスケジュールを聞いてみました
ONE SEASON
グラフィックデザイナーの1年の流れ

まいなー

やりがいを感じる時

以前は感覚だけでデザインをしていたのですが、それじゃ足りないなと思い、考えて、考えて、作るようになったんです。いまも、感覚は感覚として残しつつ、ものづくりはしているんですけどね。考えて作ったものが認められたとき、「引き出しが一つ増えた」とうれしくなります。ソルトワークスでは、作った案は基本全部採用。責任は重大ですが、やりがいがありますね。自由な社風も、デザイナーが仕事しやすい環境を作ってくれていると思います。

この仕事のむずかしさ

正解がないところ。いくら考えて作っても、途中でアイデアを思いついて、最終的に考えていたものと違うものができたなんてこともザラです。この仕事って、まだ見ぬ可能性がいっぱいあると思います。デザインにできることはもちろん、自分の考えをもっともっと突き詰めていけば、正解はなくても、正解に近いところに近づけるんじゃないかって。その可能性を探っていきたいですね。

一覧へ戻る

好きな仲間とワクワクする仕事をしよう。

ENTRY採用情報をみる