WEB DESIGNER

WEBデザイナー

「年賀家族」や「つむぐ年賀」といった自社サービスのWEBサイトやアプリ上での表現を考え、サービス全体の見た目を作っているのが、ソルトワークスのWEBデザイナー。サイトのデザインはもちろん、広告用のバナー、アプリのストア画像やアイコン作成など、お客さまの目に最初に触れるデザインを幅広く担当しています。キャサリンは運営サービスはもちろんのこと、この採用サイトのディレクションからUI設計、デザインまで手掛けるなど、あらゆる場面で腕を振るう、ソルトワークスに欠かせないWEBデザイナーです。

キャサリン

INTERVIEW

SALT NAME
キャサリンcatherine
WEBデザイナー/チームリーダー
札幌大学 経済学部経済学科 卒
2018年 中途入社

私がこの会社を選んだ理由

前職では受託の制作会社でWEBデザイナー兼ディレクターとして、毎日寝る間もないほど多くのデザインを作っていました。もちろんクライアントの声を直で聞くことができて喜ばれた時はやりがいも感じていましたが、WEBサイトを作って終わりというものに物足りなさを感じていました。
そんな時、札幌では珍しい自社サービスを運営しているソルトワークスに出会い、要望に沿ったデザインをするだけではなく、もっと自分のデザインの力で市場価値のあるものを作ってみたいと思い入社を決意しました。

ONE DAY
とある1日のスケジュールを聞いてみました
ONE SEASON
WEBデザイナーの1年の流れ

キャサリン

やりがいを感じる時

デザインをする上でどんな見せ方や訴求の仕方が一番ターゲットに刺さるのか、伝わるのかというのは常に考えていますが、価値観が多種多様にあるように人によって感じ方は千差万別で正解はありません。そこをどうベストなものに持っていくか、もっとより良くするにはどうすればいいのか、いろいろな可能性や方向性を探りながら作っていくのは大変ですが、良い反応を得られたり効果があったりした時はとてもやりがいを感じます。

この仕事のむずかしさ

WEBデザイナーはただ綺麗なデザイン作れるだけでは務まりません。弊社は分業制とはいえ、現状の問題点や状況を分析し、どういった訴求やアプローチの方向性が良いのか(マーケティング視点)、その方向性を受けてサイトの設計・コンテンツは何が最適か(UI/UX視点)、ビジュアルやレイアウトはどうすべきか、実装された時の想定(コーディング知識)など幅広い知見が必要になります。その上WEBは日々技術もトレンドも急速に変化する業界なので日々インプットするようにしないと厳しいです。ですがその反面、新しいものに敏感な人には向いている職業なのかなと思います。

一覧へ戻る

好きな仲間とワクワクする仕事をしよう。

ENTRY採用情報をみる