WEB DIRECTOR

WEBディレクター

ソルトワークスのWEBディレクターは、一言でいえば各サービスの企画から運営まですべてに関わる統括責任者です。事業会社の場合、サイトを作って終わりではなく、それをいかに売り上げに繋げるかが非常に重要。だからこそ、課題を抽出し、競合との差別化やターゲット設定などコンセプト段階からじっくり考えます。現場と経営層の間に入り、時にはイニシアチブを取りながらプロジェクトをゴールへと導いていきます。分析・運用チームのリーダーを務める飛雄馬は、膨大なデータ集積や分析を得意とし、経営的視点を持ちながら日々ソルトのサービスと向き合う若きエースです。

飛雄馬

INTERVIEW

SALT NAME
飛雄馬HYUMA
WEBディレクター
立命館大学 経営学部 中退
2018年 中途入社

私がこの会社を選んだ理由

ソルトに入る前は受託業務をメインとしたシステム開発会社にディレクターとして所属していました。数々のクライアントと接するなかで事業運営そのものに携わりたい気持ちが高まっていました。そんなタイミングで当時の採用担当者からヘッドハンティングにてお誘いがあり、ビジネス·サービスを構築する側で自分のこれまで培ったスキルを試してみたいと思い入社を決めました。

ONE DAY
とある1日のスケジュールを聞いてみました
ONE SEASON
WEBディレクターの1年の流れ

飛雄馬

やりがいを感じる時

どの職種であろうとビジネスに正解は存在しないとは思いますが、自分のなかで「最適解」だと思える分析・マーケティング戦略等の仮説を組み立てることができた時に一定の達成感はあります。実践の上で結果がついて来ればなお喜ばしいですが、勝ち負けは時の運もあるのでそこであまり一喜一憂はしないようにして、次に備えることを粛々と続けることを心がけています。

この仕事のむずかしさ

些細な業務でも、掘り下げようと思えば掘り下げることができるので、突き詰めれば全てのタスクが奥が深いと感じています。その時々の制限下で使える現実的な人的及び時間のリソースにより深度はかわるものですしね。逆に「簡単だ」と感じるものがあったとしたらおそらくその課題を掘り下げるだけの知識やスキルが自分に足りないと考えるようにしています。これといった正解が無い仕事だからこそ、提案や分析に対して根拠と数値的な説得力を付加することや、議題や事象に個人的感情を結びつけず常にフラットに物事を判断することは意識しています。

一覧へ戻る

好きな仲間とワクワクする仕事をしよう。

ENTRY採用情報をみる